動画カンタン編集ソフト
ロイロスコープ2で

古いVHSをDVDにしませんか?

ビデオかカビる

倉庫に埋もれているVHSビデオテープはありませんか?

テープの寿命は約30年。通常は10〜20年で劣化します。

VHSテープの寿命は約30年です。 大切な家族や学校の楽しい思い出がたくさん詰まったビデオは、このまま放っておくと、再生できなくなります。 ビデオデッキやカメラの故障が起きたり、保存環境にもよりますが、湿気の多いところではテープにカビが発生します。 テープが傷つくことで、再生できなくなります。 今のうちにビデオテープをデジタル化し、DVDやハードディスク、サーバ等へバックアップしませんか?

2012年現在から20年前は1992年
1982年は30年前です

1997年(DVD登場)以前は映像記録のほとんどがビデオテープの時代

今こそ映像をデジタル化しませんか?

ロイロスコープなら、驚くほど簡単に移行できます。

  • 授業や行事の記録ビデオ
  • 奉仕作業や、社会化見学などの課外授業風景
  • 運動会、修学旅行、遠足の思い出ビデオ
  • 式典等の記録ビデオ
  • 研究会向けの資料用ビデオ
  • 部活動、クラブ等の受賞記念ビデオ等


眠っているビデオを活用しよう!

次の世代へ受け継がれる教材として。
デジタル化をお勧め致します。

放送機器とDVD

ビデオテープをデジタルデータに変換することで、パソコンから気軽に視聴することが可能です。 ロイロスコープを使ってビデオ教材を自作すれば、校内放送や、教室のテレビをもっと活用できます。 また、DVDへコピーして配布することも簡単にできます。

動画編集をする子ども

お手持ちのビデオデッキと
パソコンをケーブルでつないだら、
あとはロイロスコープで取り込むだけ!!

ビデオデッキとパソコンの接続画面


接続からDVD作成まで。わずか4ステップでテープから映像をバックアップ!

  1. Step1:接続

    ビデオデッキとパソコンを接続して下さい。 接続ケーブルは片方がUSB端子になっている映像ケーブルご用意下さい。 DVDまたはブルーレイディスクをパソコンに挿入して下さい。

    接続用ケーブル
    3色の端子はビデオデッキの
    出力へ, USBはパソコンへ繋ぎます。

    ビデオデッキとパソコンの接続画面
  2. Step2:取込み

    パソコンでロイロスコープを起動して下さい。 画面上の「ツール」メニューから、「キャプチャ」をクリックして下さい。 接続されているデバイス一覧よりお使いのUSBケーブルを選択して下さい。 ビデオを再生し、取込みたい箇所を頭出し、「Rec」ボタンをクリックするとキャプチャ(取込み)が始まります。

    Rec.ボタンをクリックするだけで、
    キャプチャ開始!

    取込み画面
  3. Step3:DVDに保存したい動画を選ぶ

    取込んだ動画は、ロイロスコープのデスクトップに表示されます。 マグネットバー上部の「出力」ボタンから「DVD / ブルーレイ作成ツール」をクリックして下さい。 マグネットに集められていた動画が全てDVD作成ツールに入ります。

    並び順を変更

    保存したい動画を選択する画面
  4. Step4:DVD / ブルーレイディスクに書出し

    DVD作成ツールでは、動画を見たい順に並べて、メニューデザインを選ぶだけ。「あっ」と言う間にDVDが作成できます。 メニュー画面の背景を好きな画像へ変更したり、メニューを省いてすぐに再生し、終了後も繰り返し再生するディスク等、詳細な設定も可能です。

    DVD / ブルーレイの他、
    パソコンで見れる動画出力で教室のテレビや電子黒板等...
    様々な用途で活用できます!

    DVD / ブルーレイディスク書き出し画面